menu

ねこかぶりジャーナル

vasellineは色々使えて便利!唇・髪・身体がしっとり潤う♪

vaseline ヴァセリン

こんばんにゃ~、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

ヴァセリンって全身に使えて便利ですよね。

私はいつもコレを常備してますよ。

大容量サイズなほど、値段がお得なのがナゾ(笑)

<スポンサーリンク>

ヴァセリンを身体に使うとどうなる?

ヴァセリン 

ヒジ・ヒザ・かかと

脚の悩みの3大部位というと肘・膝・踵ですよね。

踵は毎日、地面に足をつけて歩いているから固くなるのは仕方がないけれど、肘や膝の場合も、放っておくとかなり酷いことになりますよね。

肘をついたり膝をついたり、衣服との接触って、たいした刺激じゃないような気がするけれど、毎日の積み重ねがあるからやっぱり角質が固くなりがちです。

ボディスクラブでマッサージして古い角質を落として、ボディーローションで水分補給して、ヴァセリンで保湿するとパーフェクトって感じですよ。

足がどこもかしこもスベスベなのって気分が良いですよね。

ちょっとテンションが上がっちゃいます。

手・指

足のケアをする時に、当然手にヴァセリンを取ってヌリヌリするので、手の平にもたっぷりついて、かなりイイ感じに潤います。

ついでに、手の甲や指にもしっかりとヴァセリンを付けて伸ばしてマッサージをすると、いつでも綺麗な手でいられます。

特に指の関節の部分を入念にマッサージすると、シワっぽさが無くなって、スラッとして指になりますね。

あとは、指先にも丁寧にワセリンをすり込むと、爪まで元気になって、いつでも綺麗なピンク色です。

ヴァセリンを顔に使うとどうなる?

ヴァセリン vaseline

目元

目元が乾燥すると笑ったりすると跡になりそうで怖いけれど、スキンケアの最後に目の下や目尻に薄くのばしておくと、翌朝、非常に良い感じですよ。

雑誌か何かでジェニファー・アニストンが、「乳液と化粧水とワセリンだけのシンプルなスキンケアをしている」っていうのを読んでから真似してます。

コレだけだと不安なときもあるけれど、お肌の調子がイイ時なら確かにこれでも潤いますね。

口元

秋・冬の空気の乾燥が酷い時期だと、口角の辺とか、唇の直下の部分のカサつきが凄く気になります。

なので、口の周りにも薄く塗ってます。

翌朝にはしっとりって感じで、なかなか良いですよ。

口元に塗ったついでに、唇にぬることもあります。

まつ毛

まつ育用の美容液の代わりに、睫毛に塗ってみたことがありますが、私には向いてなかったです。

ワセリンが目に入って視界がボヤケて大変でした。

ワセリンは万能の美容アイテムだけれど、コンタクトやカラコンを使っている人が睫毛に塗るのは向いてないですね~。

なので、マツイクとしては塗るのではなく、サプリメントを飲んで対策してます。

バンビちゃんみたいなフッサフサの睫毛を目指してますよ♪

【公式サイト】まつ毛専用サプリ・バンビウィンク

続けやすいお値段なのが嬉しいですよね!

ヴァセリンを髪に使うとどうなる?

毛先

毛先の広がりが気になる時には、髪が半乾き位の時に、毛先にちょこっと伸ばしておくと、イイ感じにまとまりますよ。

ヘアオイル代わり

髪全体に薄く伸ばしてから髪を乾かすと、かなりイイ感じに落ち着きます。

ワセリンは自然のオイルだから、ワセリンを付けた髪が顔に触れたとしても、カブれを気にせずに済むのがいいかも。

色々な化学成分が入っているヘアオイルだと、その辺はかなり注意が必要になりますからね~。

ヘアセット

整髪料は結構、成分が強かったりするから髪に負担がかかる事が多いけれど、ワセリンをワックス代わりにすると、かなりダメージは防げる感じですよ。

ホールド力もそこそこあるから、まとめ髪の時に、後れ毛とかアホ毛を押さえるのにとても便利!

あと無香料だから、シャンプーの香りを邪魔しないのも良いですね。

それに、整髪料自体の香りが苦手な人にも向いてますよ。

最後に

ヴァセリンは無香料・無着色・無添加の天然オイルだから、頭のてっぺんからつま先まで、全身に使えるのが良いですね。

肌の水分が抜けまくってる時には、先にローションでの十分な保湿が必要だけれど、肌がちょっとカサつく程度の乾燥対策としては本当に良いアイテムですよ。

まつ毛意外に使うんだったら、とっても優秀です♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール