menu

ねこかぶりジャーナル

「ツレうつ」を読了【あらすじ・感想】

ツレがうつになりまして 細川貂々

こんばんにゃ、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

今頃といった感じですが「ツレがうつになりまして」を読んでみました。初版が2009年なので、だいぶ前に話題になった漫画です。私にはツレはいませんが、友人が数名、鬱気味で休職しているので、少しこの病気の症状について勉強したくて買ってみましたよ。

<スポンサーリンク>

ざっくりとしたあらすじ

ツレがうつになりまして 細川貂々

スーパーサラリーマンの夫が会社の激務とストレスでうつ病を発症。明るい頑張り屋の夫が、ネガティブで後ろ向き人間に変化したことに戸惑いながらも、優しく見守り支える妻の目線から、日々の出来事を描いています。

作者が漫画家さんなので、コミックエッセイ形式でとても読みやすいですよ。

ツレうつの感想(1番心に残ったこと)

やっぱり、「支えてくれる人がいる」ってウツの回復には重要な要素なんでしょうね。

元気だった人が、急に「死にたい」と言い出したりしたら誰だって戸惑いますが、どんな時も、「その人と人生を共に歩む」というスタンスでいてくれる存在があるなら、とても心強い気がしましたよ。

「ウツ」と聞くと何となく腫れ物扱いをしてしまいそうですが、「そのまま認めて受け入れて寄り添う」という姿勢が大事なのかなぁ~、と感じました。

結婚していなくて夫や妻がいなくても、両親や兄弟姉妹や友人や恋人の存在が大きな力になりそうな気がします。

ちょっと分かりにくかったところ

ツレさん(夫さん)が急に「眠り王子」になるわけですが、鬱の人がそうなる理由がよくわからなかったんですよ。

で、Amazonのレビューを読んでみたら、「病院で処方される睡眠薬の影響ではないか?」というようなことが書いてありちょっと納得しました。

この辺りについては、実際にウツと診断された人とか、その家族でないと詳しいことはわからないですよね。

「医師にはどういった指導をされるのか」とか、「ウツになるとどんな薬で治療をしていくのか」とか、「日常生活にどんな影響が出るのか」という点については、もう少し掘り下げて描いてもらうともっとよく理解出来た気がします。

<スポンサーリンク>

その他の気になったところ

この漫画は、「ウツにかかってしまった人を見守る人」が描いているので、対処法はわかっても、実際にウツになってしまった人の気持ちは理解しづらいかも。

この辺ももう少し解説がほしかったかな。

ツレさんの発言や症状だけだと、実際にご自身がウツ病患者だと、共感出来る部分も多いんでしょうけどね…。

うつ病の辛さが体験者じゃないとイマイチよくわからないのが残念。このツラさが一般人に少しだけでも理解出来るようなストーリーがあると良かったかも。

ウツのツラさについて広く認知や理解が進むと、「ウツは甘え」みたいな偏見や誤解も完全に無くなりそうな気がします。

ツレうつで良かったところ

内容的にはものすっごく重くて暗い話になりそうですが、絵がゆるいタッチでほんわかとして可愛いので、ヘビーな内容の部分でも読みやすくてイイですね。

作者の細川貂々さんの人柄なのかもしれませんが、明るくユーモアがあって希望がある展開なので、どよ~~んとした気分にならずに、客観的に読むことが出来ましたよ。

「ツレうつ」の関連作品

細川貂々さんご夫妻はその後、お子さんを授かったそうで、その後のツレうつとして、続編が出ています。

この「ツレうつ」はドラマにも映画にもなったので、そちらも観てみると結構勉強になるかもしれませんね。

【ドラマ】

藤原紀香&原田泰造が主演。amazonでのレビューの評価が物凄く高いです。

【映画】

宮崎あおい&堺雅人が主演。ココロに刺さる名言が沢山あって、ウツではない人がみても沁みるそうです。

私も、近いうちに時間を作って観てみようと思ってます。

最近話題のウツ関連のマンガ

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」という漫画がとても話題になってますね。

著者は田中圭一さんという漫画家さんです。このマンガでは、ご自身のウツ体験と、ウツ病体験者の人へのインタビューを重ねて描かれているそうです。

ウツを暗いトンネルに例えて、実際にそこから脱出した人たちのストーリーなので、ケーススタディとしては事例が豊富でわかりやすそうですね。

「うつは特別な人だけのものではなく誰だって罹る可能性があるものだと伝えたくて、幅広い方々に語ってもらいました。梅雨時は落ち込んだり、夏には浮き立ったり、そんな気分の上下はみんなありますよね。うつは、その程度が大きくなったようなものです」

と語られている言葉がイイですよね~。

鬱病を必要以上に構えたり恐れたりすることはないということを学んでおくためにも、さっそくポチってみました。届いたら早速読んでみます♪

まとめ

ウツについて、これまでは自分には全く無縁のものだと思ってましたが、どうやら誰でもかかりうる病気みたいですね。それこそ、風邪のように。(「ツレうつ」の中でも「宇宙風邪」と表現されてましたっけ)

今回、身近な友人がウツになったことがキッカケで、「ツレうつ」を読んでみたわけですが、ウツについて、ほんの少しだけ理解をすすめることが出来て良かったです。

家族や身近な大切な人がウツになった場合の接し方や対処法も参考になりましたよ。

もし自分が罹患したときのためにも、関連書籍でし専門的な基礎知識も少し学んでおきたいと思いました。

 

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール