menu

ねこかぶりジャーナル

鳥頭紀行ジャングル編の感想♪かっちゃんと鴨ちゃんとサイバラの旅

鳥頭紀行ジャングル編 西原理恵子 勝谷誠彦

こんばんにゃ~、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

本日は「鳥頭紀行 ジャングル編」を読みました。

漫画家の西原理恵子さんと、作家・コラムニストの勝谷誠彦さんの紀行集です。

<スポンサーリンク>

著者紹介

西原理恵子(漫画家)…1964年生まれ。高知県出身。

勝谷誠彦(作家・コラムニスト)…1960年生まれ。兵庫県出身。

お二人とも好きな作家さんです。どちらも濃ゆ~いパーソナリティですよね。押しが強くてパワフルなところが両者に共通するところかな。ちなみに、勝谷さんは何かのインタビューで「自分はADHD(注意欠陥・多動性障害)」だと言ってたんで、おそらくそうなんでしょう。西原さんについては、高須先生がADHD認定してましたっけ、確か。そんな高須先生は、西原によるとサヴァン症候群らしいですけどね。Twitterでの投稿なので、真偽のほどは不明(笑)

いずれにせよ、お二人とも稀有な表現者であることは間違いないです。

目次&内容

鳥頭紀行ジャングル編 目次

・怒涛の強制出発の巻
・アマゾン釣り準備の巻
・ジャングルの中への巻
・ジャングルの掟の巻
・トクナレだ!の巻
・一発逆転の巻
・巨大なまず釣りの巻
・二度とこないから…の巻
・鳥頭紀行ベトナム編
・鳥頭紀行台湾編

それぞれの巻ごとに、西原さんのマンガと勝谷さんのコラムが載ってます。

ざっくりとしたあらすじ&登場人物

鳥頭紀行ジャングル編 登場人物・あらすじ

「鳥頭紀行ジャングル編」の登場人物は、かっちゃんこと勝谷氏と、理恵蔵こと西原氏と、虫のお兄さんこと西田氏と、カメラマン鴨ちゃんと、担当編集者のはせぴょんの5人です。

西原さんが酔った勢いで「アマゾンで巨大魚を釣り上げる」と言ったことから始まった企画だそうで、日本の裏側のブラジルでの珍道中になってます。

見どころ(1番心に残ったこと)

え~~っと……。特に見どころは無いかな~(¯―¯٥)

アマゾンで巨大魚のトクナレを釣り上げるという企画だけれど、なんかイマイチ盛り上がりに欠けるというか企画倒れというか(笑)

大人5人が移動中も含めてほぼ飲んだくれてるだけのようだったし、「魚はおいしくなかった」って言ってるし……。

ちなみ、トクナレを検索してみたら、実際に釣り上げて食べた釣り人のブログが結構沢山出てきましたよ。トクナレは正式には、トゥクナレ(ピーコックバス)と言うんだそうです。

「見てよし、釣ってよし、食ってよし」って感じのことがたいていのブログに書いてあるので、実際には美味しい魚なのかも。

「柔らかい白身で、川魚のクセがなくて、淡白すぎない」っていう感想を読んだら、ちょっと食べたくなりましたよ。

かといって、ジャングルの中には行きたくはないですけどね……。とか嫌いだし、感染症やその他もろもろの病気に掛かりそうでコワイので。

サイバラ氏も「二度と来ね~よ」で締めくくってるくらいだから、女性には多分キツイ旅だったのではないかな。

<スポンサーリンク>

その他の見どころ

ちょいちょい登場する鴨ちゃんのキャラ設定が結構面白いですね。半分は創作なんだろうけれど。

それにしても、このジャングル編で出てくる鴨ちゃん(鴨志田穣)と後に結婚することになるとはビックリですね。

結婚生活はかなりハードだったようですけど……。

関連作品の紹介

<鳥頭紀行 くりくり編>

鳥頭紀行シリーズの「くりくり編」では、夫となった鴨ちゃんとの旅が描かれてます。

 

<毎日かあさん4 出戻り編>

鳥頭紀行のジャングル編に出てくるカメラマンの鴨志田さんと結婚した西原さんですが、毎日かあさんでは、その鴨志田さんとの家庭生活とか子育てのエッセイ漫画を描いてます。が、当然、西原さんなので、「ほのぼの&ハッピーという感じでは全くない」のがイイところですよね。アル中の旦那さんとが病気で亡くなるまでの話を描いた第4巻「出戻り編」は涙なしには読めません。この巻だけでもオススメです。

最後に

鳥頭紀行はくりくり編ではサイバラさんのマンガで全編が構成されているけれど、ジャングル編は、サイバラさんのマンガと勝谷さんのコラムで構成されています。

なんでも、「サイバラさんが締め切りに間に合わずページを埋めることが出来なかったので急遽、勝谷氏のコラムで埋めることになった」そうですよ(笑)

「それはどうなの?」って感じもしますが、実は意外と悪くなかったです。マンガとコラムを両方読んでみると、同じ場面で同じ経験をしても、「感想やココロに残るポイントは人それぞれなんだな~」ってことがわかって面白かったですよ。

絵の粗さが普段よりも目立つような感じで「やっつけ仕事」的な雰囲気も少々あるけれど、結果的には、この構成で良かったんじゃないかな。

ワイルドな旅がお好きな方には超おすすめ♪

(関連記事:鳥頭対談のレビュー)

 

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール