menu

ねこかぶりジャーナル

ミニ湯たんぽの持続時間と低温やけど発生までの時間は?

あったかカラフル湯たんぽ ミニ湯たんぽの持続時間と低温やけど発生までの時間は?

こんばんにゃ、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

今年の冬は湯たんぽが大活躍しました!冷え込みがキツイ地域に住んでいるのでカイロと湯たんぽは必須アイテムです。

ダイソーやセリアや無印にもミニサイズのものがたくさんあったけれど、コレはamazonで購入しました。

あったかカラフル湯たんぽ ミニ湯たんぽの持続時間と低温やけど発生までの時間は?
あったかカラフル湯たんぽ(ローズ)

検索している時にたまたま目についたのでコレにしました。ポッテリとしたフォルムが可愛いのと綺麗なピンク色に一目惚れした感じかな。容量は600mlです。

持続時間はどれくらい?

あったかカラフル湯たんぽ ミニ湯たんぽの持続時間と低温やけど発生までの時間は?
湯たんぽの素材によって持続時間も変わってくるみたいですね。岡山県立大学保健福祉学部での実験結果だと以下のような感じです。

<引用>

・ゴム製湯たんぽ/60度…160分(2時間40分)、44度以上の温度を持続
・プラスチック製湯たんぽ/80度…245分(4時間5分)、44度以上の温度を持続
・金属製湯たんぽ/80度…240分(4時間)、44度以上の温度を持続

私が使っている湯たんぽはポリエチレン製なので、データ上だと、44度以上の温度を245分(4時間5分)持続出来るということですね。結構長いかな。

でも、「あったかカラフル湯たんぽ」はそんなに長く持つ感じはないですね~。体感的には2時間くらいです。ミニサイズ(600ml)だからかな。そんなに保温効果が長持ちしないのは分かっていたので、夜、寝る時には使ってません。でも、PC作業をしている時の足元に置いたり、時にはお腹に抱えたりして使ってましたよ~。

程よい暖かさがあって本当に便利でした♪

<スポンサーリンク>

低温やけど発生まではどれくらい?

あったかカラフル湯たんぽ ミニ湯たんぽの持続時間と低温やけど発生までの時間は?
湯たんぽを使う時には低温やけどに注意が必要ですよね。わたくし、かつて小学生時代に湯たんぽで足に水ぶくれが出来たことがあります。ヒリヒリして痛いし、治るまでに意外と時間がかかるんですよね。

「熱いものに接触している皮膚の温度と、火傷(やけど)になるまでの時間」のおおよその目安ですが、買った時に入っていた説明書に書いてあったのは以下の通りです。

・44度…3~4時間
・46度…30分~1時間
・50度…2~3分
出典:(山田幸生「製品と安全第72号」低温やけどについて、製品安全協会)

「あったかカラフル湯たんぽ」の場合に限らず、たいていのミニ湯たんぽには「ふわもこカバー」がついているので
割と安心かも。カバーに入れておけば肌に触れる表面温度が下がるので低温やけどを生じるまでの時間も長くなります。

まとめ

あったかカラフル湯たんぽ ミニ湯たんぽの持続時間と低温やけど発生までの時間は?
ミニ湯たんぽの場合は通常サイズのものよりも持続時間が短いですね。低温やけどまでの時間はサイズによって違いはなくて、皮膚に触れる表面温度の問題なので、カバーを使ったり、タオルで包んだりすると安全かな。

あと布団に使う場合には、「布団が暖まったら湯たんぽを布団から取り出して寝る」ということが推奨されてるみたいですね。

確かに、コレ、大事ですよね。布団の中から出せば低温やけどは防げますよね~。小学生時代の自分に伝えてあげたい。

みなさんもお気をつけて!!

ではでは(*^^*)

 

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール