menu

ねこかぶりジャーナル

ライオネスコーヒーキャンディって美味しいですね!【販売店・値段・カロリー】

ライオン菓子 ライオネスコーヒーキャンディー

こんばんにゃ~、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

コーヒーフレーバーのキャンディーは好きですか?

本日のおやつは「ライオネスコーヒーCANDY」でした。

ライオン菓子さんから出ているコーヒー味の飴ですよ。

<スポンサーリンク>

ライオネスコーヒーの販売店・値段・カロリー

販売店は、ネット通販だとAmazon・楽天・yahooショッピング・LOHACO・ヨドバシドットコムなどです。

実店舗だと、スーパーマーケット・ドラッグストア・コンビニ・100円ショップ等で取り扱ってますよ。

お値段は、定価だと1袋(80g入り)で108円(税込)で、100g入りが194円(税込)です。

エネルギーは1袋(80g)当たり310kcalで、1粒当たりだと約12.4kcalだそうですよ。

ライオネスコーヒーのパッケージ

ライオネスコーヒーキャンディ パッケージ

赤×黒のパッケージの雰囲気がなんとも独特ですね。

大人っぽくもあり、オシャレっぽくもあります。

何となくレトロで懐かしいような気がするのは、この飴が結構なロングセラーというのもあるのかも。

1964年から発売されているそうなので、すでに50年以上の歴史がありますよ。

当時はコーヒーを使ったお菓子はなかったそうなので、結構攻めた感じの商品開発だったのかもしれませんね。

ライオネスコーヒーの包み紙の外観

ライオネスコーヒーキャンディ 個包装 包み紙 ひねり包装

赤い包み紙です。

メタリックレッドで色鮮やかな感じが特徴的ですね。

なんと発売当時からこのパッケージだそうですよ。

ひねり包装も当時のままなんですって!

ライオネスコーヒーの見た目

ライオネスコーヒーキャンディ Lioness coffee candy

キャンディの見た目はこんな感じですよ。

ミルクコーヒー色で細長い飴の中心には、「LIONESS」の文字が刻印されています。

ちなみに、lionessは雌ライオンの意味ですね。

「ライオン菓子株式会社が作る、雌ライオンの飴」ってちょっとオシャレな感じ。

ライオネスコーヒーキャンディの味の感想

ライオン菓子 ライオネスコーヒーキャンディー

とにかくおいしいです!

コーヒーの風味が濃厚(о´∀`о)

オトナ向けのカフェオレ味って感じですよ。

しっかりとした甘さはあるけれど、それでいて甘すぎないのがイイですね。

後味がスッキリとしていて、ノドがベタついたりしないのもポイントが高いです♪

ライオネスコーヒーのその他の良かったところ

ライオン菓子 ライオネスコーヒーキャンディー 口コミ 感想 レビュー

サイズが小粒で舐めやすいのもイイ感じ。

しかも楕円形だから、丸型の飴よりも舌の上で溶かしやすいですよね。

程よい甘さだから、ちょっとした気分転換とか、疲れた時にチャージするのにもピッタリです。

ライオネスコーヒーのイマイチだったところ

ライオン菓子 ライオネスコーヒーキャンディー

特にマイナスポイントは見当たらないですよ。

味も問題なくおいしいし、パッケージも可愛いし、コスパも良くて、老若男女みんなに愛されているキャンディーですからね~。

強いて挙げるとすると、スーパーマーケットやコンビニだと取り扱っているところが少ないことかな~。

でも、ネット通販でなら確実に手に入るので、それほどのデメリットではないのかも。

<スポンサーリンク>

 

ライオネスコーヒー(80g)の個数は?

BSライオネスコーヒー 80g  個数

1袋80g入りのBS(Best Selection)版のライオネスコーヒーには、全部で25粒入っていましたよ。

1袋が100円なので、1粒当たりが4円ですね。

驚きの安さ( ゚∀゚ )

値段・カロリー・原材料・栄養成分・アレルギーは?

ライオン菓子 ライオネスコーヒーキャンディー 原材料 栄養成分 カロリー アレルギー 値段

ライオネスコーヒーの値段・カロリー・原材料・栄養成分・アレルギーは以下の通りです。

<価格>

・定価(1袋80g入)…108円(税込)
・定価(1袋100g入)…194円(税込)

1袋80g入りを買った方がコスパが圧倒的に良いですね。

ただ、1袋100g入りの方は外袋がジップロック式(ファスナータイプ)になっているので、持ち歩きには便利かも。

 

<カロリー>

・1袋(80g)当たり…310kcal
・1粒当たり…12.4kcal

ライオネスコーヒーの場合は小粒サイズなので、カロリーが低めでイイですね。

キャンデイはたいてい1粒が20~25kcal位はあるけれど、その半分ほどでおさまりますよ。

 

<原材料>

水飴、砂糖、練乳調製品、バター、コーヒー、生クリーム、食塩、カラメル色素、香料、乳化剤(原材料の一部に大豆を含む)

コーヒーとバターと生クリームが使われていますよ!

濃厚なお味の秘訣はコレですね。

人工甘味料等は入っていないのも好印象。

 

<栄養成分>(1袋80g当たり)

エネルギー:310kcal、タンパク質:1.0g、脂質:3.5g、炭水化物:68.6g、食塩相当量:21mg

栄養成分の内訳は、ほぼ糖質ですね。

食べ過ぎには注意が必要かも。

 

<アレルギー>

乳成分・大豆

乳化剤が大豆由来の成分だそうなので、大豆もアレルゲンとなっています。

アレルギーのある方はご注意を。

ライオネスコーヒーシリーズのその他の製品

実は、ライオネスコーヒーには他にも種類があるのをご存知でしたか?

ライオネスコーヒーの上位版は以下の2つです。

ライオネスコーヒーキャンディースペシャルティ

スペシャルティは、エスプレッソ味カフェラッテ味の2種類が楽しめますよ。

飴は丸型で、個包装のパッケージは袋タイプです。

ライオネスコーヒーキャンディーブルーマウンテンブレンド

ブラックコーヒー味カフェラッテ味のアソートとなっていますよ。

こちらも、飴は丸型で、個包装のパッケージは袋タイプです。

ブルーマウンテンブレンドは、文字通りブルーマウンテン豆を使用しているそうです。

ブルーマウンテンはコーヒー豆の中でも最高級品と言われているので、通常版よりもかなり贅沢でリッチですね。

苦いコーヒーキャンディが舐めたい人はこちらがオススメです。

最後にひとこと

ライオネスコーヒー

上記の2つのようなややリッチテイストのキャンディーもたまにはいいけれど、やっぱり日常的に食べたくなるのは、オリジナル版かな~。

赤くてひねりタイプの包み紙と細長い形に1番ココロが惹かれてしまいます♪

なんと1kg版までありますよ(゚д゚)!

万人に愛されている飴だから、イベント時などのお配り&バラマキ用にも便利かも。

(関連記事⇒MONKSアイスバーグキャンディのレビュー)
(関連記事⇒花のくちづけミルクスモモキャンディのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール