menu

ねこかぶりジャーナル

HERSHEY’Sキスチョコ(クッキークリーム)の感想。1袋の個数とカロリーは?

ハーシー キスチョコ クッキークリーム

こんばんにゃ~、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

本日のおやつは「ハーシー キスチョコレート クッキー&クリーム」でした。

何となく、こってりと甘い物が食べたくなって買ってみましたよ。

輸入菓子ってたまに凄く食べたくなるんですよね~。

不思議と。

<スポンサーリンク>

キスチョコのパッケージ&1袋当りの個数は?

ハーシー キスチョコ クッキークリーム 何個

クッキー&クリーム味は、白い袋に入ってます。

チョコレート自体は、青いアルミホイルに包まれていまよ。

ちょっとスライムっぽくて可愛いですよね。

全体的には、ホワイト&ブルーのコントラストが爽やかです♪

1袋(109g)の中に、27個入っていましたよ。

なので、1個当たり約4gですね。

クッキー&クリームの味は?

ハーシー キスチョコ クッキークリーム

やっぱり味はアメリカンな感じがしますね。

ガッツリ&こってりとした甘さがあります。

お砂糖とかシロップとかのダイレクトな甘さっていうのかな。

1粒でもしっかり糖分を補給したという満足感があります。

ココアクッキーに微妙に塩気があるせいなのか、より一層ホワイトチョコの甘さが強調されている感じがしますよ。

でも、クッキー&クリーム味は、ココアクッキーのサクサクした食感が良いアクセントになっていて、キスチョコの中でも割と食べやすいですね。

余談ですが、包み紙を開ける時に、細長い紐を引っ張るのってユニークですよね。

はじめにコレを考えた人ってなかなかのアイデアマンかも。

「こんなペラペラの紙で意味あるのかな~」と思ってたけれど、綺麗に展開してくれて剥きやすいです♪

値段・カロリー・原材料・栄養成分は?

キスチョコ クッキー&クリーム カロリー・原材料・栄養成分

<値段>
ショップによって違いますが、だいたい400円前後です。


<カロリー>

9個で198キロカロリーです。
なので、1個当たりだと22キロカロリーですね。


<原材料>

砂糖、ココアバター、植物油脂、無脂肪牛乳、コーンシロップ、小麦粉、乳糖、ココア、ホエイ、異性化液糖、カカオマス、食塩、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料、酸化防止剤(V.E)、カラメル色素

原材料にコーンシロップとか入っているのも凄いかも。お砂糖だけでは、あの喉にギュワッとくるような甘さは出ないのかもしれません。


<栄養成分>
(9個38g当たり)

エネルギー:198kcal、たんぱく質:2.7g、脂質:9.9g、炭水化物:24.3g、ナトリウム:72mg

糖質たっぷり♪

<スポンサーリンク>

さらなる感想

ハーシー(HERSHER’S)のチョコレートって総じて甘さが強めですよね。

板チョコは特にそうだけれど、キスチョコシリーズもなかなかの甘さ。

日本のチョコレートだと、ここまでガツンと甘さを主張してくるものってほとんど無いような気がします。

甘いけれどもっと繊細でマイルドな感じなんですよね~。

製法とお国柄というやつなんでしょうか。

輸入菓子ってたまに食べると、日本のお菓子との違いがはっきりと感じられてなかなか面白いです。

とはいえ、このハッキリと甘いキスチョコの味も決して嫌いではないです。

というか、むしろこのクッキー&クリーム味は好きな方かも。

ミルクチョコ味のキスチョコに比べると、日本人好みのクリーミーで滑らかな舌触りがあって美味しいですよ。

濃い目のブラックコーヒーと一緒に食べると、脳内からドーパミンがドバドバと出まくります(笑)

おすすめポイント

見た目のカタチがスライム似で可愛いし、個包装なので誰かに分けるのにも便利!

差し入れとかに使うと、割とウケが良かったりしますよ。

もしかしたら、「自分では積極的に買いたい気分にはならないけれど、ヒトから貰ったら割と嬉しかったりする」というジャンルのチョコレートなのかもしれません(笑)

輸入菓子だから、やや割高にはなりますが、たまに買うには問題のない価格かな。

1粒でも十分に満足出来る甘さがあるから、コスパ的には実は優れているのかも。

アメリカンな気分に浸りたい時にオススメですよ。

(関連記事:明治ザ・チョコレートのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール