menu

ねこかぶりジャーナル

「監督不行届」の感想!安野モヨコはもっと評価されてもいい!

「監督不行届」の感想!安野モヨコはもっと評価されてもいい!

こんばんにゃ、ねこかぶりですねこかぶりジャーナル

本日の1冊は、マンガ「監督不行届 」でした。

作者は、人気漫画家の安野モヨコさん。

夫である人気アニメ監督の庵野秀明氏との生活について、エッセイ風につづったコミックスです♪

ざっくりとした内容・あらすじ

「エヴァンゲリオン」で有名な庵野監督がいかにオタクであるか、そして、結婚によってどのように庵野氏にオタク教育をされてオタ嫁(オタクの嫁)化していくのかが、かなりラヴい感じで描かれてます。

<スポンサーリンク>

読んだ感想

「監督不行届」の感想!安野モヨコはもっと評価されてもいい!
今まで庵野氏のキャラクターって見た目から相当無骨な感じかと思っていたけど、実際には全然そんなことなくて、「本当にタダのオタクなんだな~っ」て印象を持ちましたよ。「特撮&アニメ&鉄道好き」と、絵にかいたようなヲタ♥

あと、「乙女野郎」だってことがわかって面白かったです。妻であるモヨコさんが、男性っぽい性格だからなおさら庵野監督の乙女ぶりが際立つ感じかな。

「違うも~~ん♪違うも~~ん♪」なんてあんな強面な顔した監督が言っているとは、想像すらしなかったですよ。

全体的に、漫画本編では庵野監督の生態とかが中心で、それに振り回されるモヨコさんの不平・不満が結構乱暴な言葉で描かれてます。が、全編通して読んでみると、まぁ「単なるノロケだよね」って感じで微笑ましかったです。

印象に残ったエピソード

「監督不行届」の感想!安野モヨコはもっと評価されてもいい!
「監督が風邪」の話なんて、あるあるすぎてイラッと感がすっごく伝わってきました!大したことない風邪の症状なのに、甘えたがる男性って多いですもんね~。大人しく寝てればすぐ治るのに、ダラダラ遊んでたりして(●`ε´●)

でも、何だかんだ言いながら監督に付き合ってあげてるんだから、やっぱり「愛」があるな~。モヨコさんの懐が深い。男前ですわ。

あと、「仮面ライダーベルト」とか、「検便」の話はかなりの爆笑エピソードでしたね。

アニメ化もされてるらしい

この本は、初版が2005年で、私がこの記事を書いている今が2017年なので、 10年以上が経過してますが、未だに売れ続けてるみたいですね。

いつの間にかアニメ化もされて、DVD-BOXまで出ていてビックリ!しかも、声優が山寺宏一さんと林原めぐみさん!豪華キャストっすな~。

感想のまとめ

「監督不行届」の感想!安野モヨコはもっと評価されてもいい!

漫画だけじゃなくて、安野モヨさんはもっと評価されてもいいはず。「理想の奥さん」ランキングで上位に来てもいいくらいの良妻ですよね(笑)

何はともあれ、理想的なヲタクカップルって感じで、非常にいい夫婦のようにお見受けしました。何より、楽しそうだし。バカップルって幸せだよね。読んでいて素直に羨ましかったです。

お二人の現在の関係性については不明だけれど、多分今も仲がいいと信じたい。というか、「絶対に離婚などせず、ずっと仲良くしていてほしいな~」と思いましたよ。

だって、庵野監督、「もよこを一生守りたい」って言ってましたもんね。ここまで言わせるまでに夫を教育(?)した、モヨコさんも凄いけど。

詳しくは、巻末に載っている監督インタビューに載ってますよ。監督の「漢らしさ」が非常に素敵です!

相性の良いカップルの結婚って、やっぱイイネ!!

<本日の漫画>

<本日のおやつ>

ではでは(*^^*)

 

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

プロフィール


HN:ねこかぶり
性別:女性
精神年齢:18歳くらい
性格:リアルでは人当たりが良い


詳しいプロフィール